洪水ハザードマップについて
この洪水ハザードマップは、下水道や河川などがはん濫、琵琶湖の水位上昇した場合に、どの範囲まで浸水するか?、浸水の深さはどのくらいになるか?を予測し表示したものです。
市民のみなさんが事前に被害の程度を知ることにより、避難に役立てられるように作成しています。

 大雨の規模について
下水道や河川のはん濫(滋賀県はん濫解析)は、概ね100年に1回程度(日雨量:529mm)の大雨を想定しています。
姉川・高時川・草野川のはん濫は、概ね100年に1回程度(2日間雨量:440mm)の大雨を想定しています。
余呉川のはん濫は、概ね100年に1回程度(日雨量:242mm)の大雨を想定しています。
天野川のはん濫は、概ね100年に1回程度(日雨量:306mm)の大雨を想定しています。
琵琶湖による浸水は、明治29年9月に起きた、過去最大の洪水規模を想定しています。


 浸水の範囲に関する注意点

マップで示した浸水範囲は、滋賀県が作成した「滋賀県はん濫解析」「姉川・高時川浸水想定区域図」「余呉川浸水想定区域図」「天野川浸水想定区域図」と国土交通省琵琶湖河川事務所が作成した「琵琶湖浸水想定区域図」を重ね合せ、その地域で想定される最大の深さを示しており、実際の洪水による浸水範囲と異なる可能性があります。想定以上の洪水が発生した場合、このマップで浸水していない箇所でも浸水する可能性があります。シミュレーションに用いた地盤高の精度により、局所的な微地形までは反映できていないことから、特に窪地等では、想定した浸水の深さ以上となる可能性があります。

 

 

長浜市防災マップ
長浜市役所 サイトポリシー プライバシー このホームページについて 各課連絡先 サイトマップ 組織からさがす